南京夜生活网njyshw

ただうなずいて、羅以来ゆっくりと後退した。オーナーのQiuは、問題がなければ、当然、LuoQiuを上司として反駁する立場はないと感じた。

マスターの意志に違反してはいけませんが、彼が黒人の魂になったとき、彼はすでに最も深い印に刻まれてい南京夜网论坛ました。

Youyeはテーブルを片付け始めました。「マスター、今何をしたいですか?」

Luo Qiuは首を横に振った。「私は祭壇に行くつもりだったが、突然行きたくなかった。突然欲しかった。あなたが作った夕食を食べるために。」

「今から準備します。」

メイドさんは微笑んで立ち去り、足元は元気そうだった。

車はゆっくりとコミュニティの駐車場に車を走らせました。車が駐車された後、周玉生はすぐに車から降りず、一人で車の中に座っていました。

シートを調整した後、彼は運転席に横になり南京桑拿会所网 、目を閉じただけで、エンジンは停止していません。

周玉生が車から降りるまでに約30分かかりました。

彼は突然マ?フーデの言葉を鳴らし、それから彼の服に不快な臭いがしたことを嗅ぎ始めました。あなたはどれくらいシャワーを浴びなかったのですか?

「周将校、帰ってきたの?」

地下駐車場で、中年の男がエレベーターから出て行ったところ、車を運転するつもりだったようです。周悦生の隣人かもしれませんが、そうでなければ暖かく迎えてくれませんでした。 南京夜生活spa论坛。

「うん。」周玉生はうなずいた。

隣人の名前や外見、過去の話を覚えていたが、相手の温かい挨拶にも向き合う印象もあったが、周悠生は不快だった。

彼はすぐに隣人の挨拶から離れ、すぐに家に戻ってドアを開けました。

「帰ります」

周玉生は首を横に振ってドアを閉め、玄関の壁の隣の戸棚に鍵を置いたまま、靴を履かずに居間にまっすぐ歩いてソファに座った。

あまり長く戻ってこなかったのかもしれませんが、座った瞬間、布製ソファが突然ホコリを上げていました。

彼は夕方のニュースにちょうど間に合うように、何気なくテレビをつけた。

「今、私たちは特別なニュースレポートを放送します。今朝、私たちの街の龍華路にある自作の家で、驚くべき殺人事件が発生しました。」

南京夜网

周玉生はそれを聞かず、テレビを消しました。

家に保管していた金魚が南京桑拿楼凤网餌を与えられていないようで、長い間水が変わっていなかったことを突然思い出しました。周悠生はすぐに立ち上がって、水槽に行く前にシルバーアロワナを見つけました。よく育てられていたものは、お腹を回して浮いていた

Related Post