南京大活场子最新

、静かな廊下ではかわいらしい人物がゆっくりとロジャーの体の前を歩いていた。

彼女は見下ろした。

「主人はあなたの魂にとても興味を持っています。トレードアイテムではありませんが、コレクションとしても良いです。」

細い白い指を伸ばした状態で、黒いインクのような球がロジャーの体からゆっくりと浮かんでいました。白い手のひら。

「新鮮だ」

「新鮮だ」

劇場の向かいのビルの屋上で、まるで新しいおもちゃを手に入れるかのように、ボス?ルオはメイドから渡された黒い光の球を手のひらに掲げ、興奮して見上げた。

「暗い夜のように静かです。」羅秋はささやきました。「虹色の魂の玉はほとんどなく、この暗い夜も非常にまれです。」

「それが掘り出し物ではないのは残念です。」メイドは残念です。 。

クラブを長年支援してきたメイドは、献身のルールも理解しています。壮大なソウルボールは店主に非常によく還元できるので、最も邪悪な価値はほとんどありません。

「たぶんそれは取引品に変えられるかもしれない」羅秋はしばらく考えた、「私はそれが上昇する余地があると思う」

「マ南京桑拿会所网スターはそれが生まれ変わるのを手伝うつもりですか?」ユウヤは不思議なことに瞬き、そして言った:「まあ、多分。 10年以上経つと、さらに進んでいきます。こうして、体に印を付けます。」

メイドさんも似たような方法に不慣れではなく、かつての店主さんがよく使っていた方法で、現在の店主さんは初めてのようです。

彼女にとって時間はほとんど意味がなく、10年以上、たぶんほんの数秒しか離れていません。しかし今、時間は新しい所有者のためだけにアクティブになっています。

おそらく、次の10年は非常に長くなるでしょう。

「10年?」羅秋は微笑んで首を横に振って言った。「そんなに長くはかからない、もう既製のものはないの?」

南京桑拿网

ゆうやはびっくりして、「マスター、どういう意味ですか?言って、それを太陰のゲームの世界に持ち込んでください?」

ボス?ルオは微笑んでうなずきました。「太陰は英雄的な創造計画を立てたいと言っていませんでしたか?そうであれば、本当に入れてください。その世界の「悪魔」。さて、救世主と悪魔、それは伝統的なRPGの王様のゲームです。」

指で、黒いろくでなしは消えました。

OK?新しい魂が新たに生まれましたか?

気になる太陰子はすぐに大師の椅子から起き上がり、途中で飲んだばかりのココナッツを置き、サングラスを外

Related Post