南京江宁大学城炮群

くつかの人々を尋ねた。

全体の午後、それがでましたこ南京桑拿会所网こを見ると、明日はまだ半日の撮影時間があるので、みんなもスローダウンしました。

夕方6時ごろ、ショークルーが撮影をやめ、予約した温泉ホテルに車で行く人もいました。地元の人です。内陸川の手前に建てられた最大の温泉ホテル。

ホテルの好立地からは富士山や山中湖も見渡せます。景色もとても良いです。

このバラエティショーの予算はまだ大丈夫で、同社のスポンサーは良かったです。第1話のプロデューサーもいいショーをする予定だったので、お金をかけることを躊躇しませんでした。

ゲスト一人一人が部屋を開け、制作チームがドアの前に立ち、全員にルームカードを発行しました。

西野一樹ルームカードを受け取った後、3階にある部屋を手に入れたら、竹内龍馬の横に歩いて

「白石さん、西野さん、ルームカード2枚」とおしゃべり。

西野一樹は詳しく見てみたかったのですが、見ませんでした。

「一樹、何してるの?」竹内亮は西野一樹の様子を実際に見て、話さなかったので、ぼんやりと

「大丈夫、大丈夫」。かずきは首を横に振った。「お元気ですか、本当に南京夜网終わったの?」

西野一樹は、竹内龍馬が最後に別れた時のことを話していた。

竹内龍馬は誰も気づかなかったので周りを見回し、密かに言った。彼女を忘れてしまったので、後で探す必要があります。」

「スカムバッグ!」西野一樹は、「すぐに彼女のことを忘れてしまったので、当時の感情的な話し合いは偽物でした」

「シュウ兄弟と、あなたはまだ私の話?「竹内涼は軽蔑的であることが判明した。」今日、2回のゲストは私の義理の姉です。

」ナンセンス話をしないでください。」西野とシュウはびっくりして周りを見回した。幸い、誰もそれを聞いていなかった。

『という2つのどちら?』

「咳咳、ご存知だろう南京楼凤论坛。」

「カット~~最初は彼女に興味がなかったと言っていたが、誤解したか何かと言ったが、結局は義理の妹にはならなかった。

」「西野一樹は竹内亮を腕で抱きしめた。ほんとうに首がねじれて頭がねじれた。

「手放す、手放す、木の兄弟、私は間違っていた。」

白石舞と西野七瀬は部屋のカードを受け取った後、振り返って二人が戦っているのを見てため息をついた。二人は。本当に良い関係を持っているように見える

白石麻衣は、まだ私は東京で一樹西野に会った最初の時間を覚えて、彼は龍馬竹内していました。

「みんながシャワーの後に一緒

Related Post