南京 不限次数场子

る都市でさえそれを認識しています。

そうすれば、ラオスフェイは不可能ではないかもしれません。

Ye Qingxuanは釘を噛み、学校の規則と法廷の規則の抜け穴について考え始めまし江苏桑拿论坛た。

他に方法がない場合は、古い料金のみをプレ南京桑拿论坛イすることができます

考えているうちに、いきなりリビングのドアがノックされました。

一瞬にして、みんな頭を上げて振り返った。

夜中に。他に誰がここに来るのですか?

ドアの外、薄暗い光の中で、今年の卒業生のように見える啓発の学校の制服を着ている漠然とした学生がいます。

夜遅くに来る。彼は丁寧にドアをノックした後、急がずに静かに待った。

「誰?」南京夜网

「日中の不幸な幽霊は私だ。あなたがたはそれを忘れていないのか?」

その声は聞こえたようで、知人のように聞こえた。イェQingxuanはしばらく考えて、そして突然実現:

「あなたがいるthe’Brother昼間に「スツール?!」

『ブラザースツールは何ですか?』

男は面食らった、と彼は少し無力ではなかった: 『ちょうどブラザースツール私を呼んで、それを忘れて』いいえ。

不思議イェ?チンスアンは彼をブラザー?スツールと呼んだ。ブラザー?スツールはドアの外に立って、学校の制服を着ている。彼の立ち、着替え、挨拶はすべて学校の規則に準拠している。彼は礼儀正しく親切に見える。

しかし、どういうわけか、彼の頭は四角い石の層で覆われていました。

そのとおり。結石。

あなたがたQingxuanは彼の指を持ち上げてそれをノックしました、そしてエコーは明白でした:そうです、これは深刻なコンクリートのブロックです。

スツールブラザーの模倣は非常に優れており、素材や硬度も完全にシミュレートされています。

ただ、真夜中にこのようなマスクのようなヘッドギアを持って訪ねてきたのですが、身元を明かしたくありませんでした。

「あぁ、入って座るように言わないの?」

スツール兄弟が頭を傾けてイェチンスアンを見た。あなたがた青玄は今笑顔を見せているふりをした。

彼は唇を丸めてドアを開けた。「入ってください。音楽史部門がゲストをドアの外に立たせる理由ではありません。」

すぐに、スツール兄弟はソファーに座って周りを見回しました。私が周囲の家具を見ることができるかのように、彼はついにうなずき、彼の声は賞賛に満ちていまし南京桑拿夜网た。

「小さくて適切、素晴らしい。音楽史部の雰囲気がそれほど南京夜网论坛リラックスして柔らかく、ほとんどの大学の寒さよりもはるか

Related Post